2.どんな場合に、離婚ができるのか。

⑴ 協議離婚・調停離婚の場合

双方が合意に達すれば離婚をすることができます。

 

⑵ 裁判離婚の場合

判決という形で裁判が終了する場合、法律で定める離婚原因が存在しないと裁判離婚は認められません。
離婚理由は民法770条に定められています。 内容は、以下のものがあります。 但し、以下の内容が認められる場合でも、裁判所は、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求が棄却すること(認めないこと)ができます。

① 配偶者に不貞な行為があったとき
② 配偶者から悪意で遺棄されたとき
③ 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
④ 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
⑤ その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

 


  • 滋賀 交通事故被害者相談 専門サイトへ
  • 滋賀の弁護士による離婚相談 専門サイトへ
労働災害に遭われた方へ
債務整理でお悩みの方へ
エリアマップSUPPORT AREA
草津を中心とした 滋賀県全域に対応

コンテンツメニューCONTENTS MENU

事務所概要・アクセス OFFICE・ACCESS
大津法律事務所滋賀弁護士会
〒525-0012
滋賀県草津市大路1丁目15番5号
ネオフィス草津5階
TEL077-569-5155 平日 9:30 〜 18:30 夜間相談にも対応
ページ上部へ戻る